月刊学舎新聞2021 12月号

①楽しかったところ

背もたれの曲木加工が楽しかったです。曲木は時間との勝負です。学舎の同級生5人で力を合わせ、それぞれ役割分担をし効率よくできたのではないかと思います。急いでクランプをつけたり、曲げたり、わちゃわちゃとみんなで楽しく加工しました。

②難しかったところ

背はロクロ加工で10本の丸棒を作るのですが、そのうち8本を全く同じ形に加工しなければいけないところが難しかったです。ロクロ加工の時は、刃の向きに気をつけたり、曲線のラインが滑らかにつながるよう刃を動かしていかなければならず、加工に一番時間がかかりました。

③デザインのポイント

座面の座ぐり加工です。ディスクサンダー※1や四方反り鉋(かんな)※2で削っていきました。柔らかく曲線を描いて彫り込まれた部分と、ピンと立っているエッジの部分の対比が良いなと思っています。座ぐりをお尻に合わせて行ない、自分が一番座りやすい椅子ができたので嬉しいです。
※1.円盤状の砥石を回転させることで切断や研削などの加工作業を行う電動工具。
※2.木材を凹型に仕上げたいときに使用する鉋で、鉋台と刃が曲面になっている。

この記事をシェアする