事業/取り組み

森と歩む

FSC®COC認証/合法木材

世界レベルで問題になっている森林減少。自己の利益のみを追求した無計画な乱伐や違法伐採がその大きな原因とされています。国連食糧農業機関(FAO)の報告書、「森林資源評価2020」によれば、1990年以降、世界では4億2000万ヘクタールもの森林が、農地や植林地として利用するため、大規模に転換され、失われてきました。これは日本の国土の11倍にも相当する広さです。森の木々は、切ってはいけないのでなく、むしろ適齢期が来ると伐採し、次の苗木を植えて次の世代に向けて適切に管理し循環させていくことが必要です。

FSC®COC認証/合法木材
FSC®COC認証について

FSC森林認証とは、次世代の森を守るための「適切な森林管理」がされていることを認証する制度です。FSC森林認証には、2つの認証があります。森林管理そのものを対象としたFM認証(森林管理認証)と、製造・加工・流通を対象としたCOC認証(加工流通過程の管理認証)です。適切に管理された認証林やその他のリスクの低い由来からの原材料でつくられた製品にのみに、FSC®️ロゴマークを表示することができます。そして、消費者はその製品を購入することで責任ある森林管理を支援することができます。認証された製品が市場に増え、購入が進むことで、森を守ることができ、森林破壊や劣化を招くことなく、木材が正しく使われていくのです。飛騨産業では加工流通過程の管理認証であるCOC認証を取得しています。

FSC®COC認証について 1

FM認証からCOC認証によるサプライチェーン

FSC®COC認証について 2
合法木材について

合法木材とは森林関係法令において合法的に伐採されたことが証明された木材のことを指します。2006年より、グリーン購入法に基づき官公庁や独立行政法人などが調達する木材および木材製品については、合法性や持続可能性が証明されたものを購入することが義務づけられました。さらに2017年にはクリーンウッド法が施行され、民間の取引においても合法木材の確認・利用・証明などに努めることが必要となりました。そこで木を扱う事業者の集まりである(一社)日本家具産業振興会では、これに積極的に取り組むこととし、木材類の合法性を証明することができる 「合法木材供給事業者」 の認定を行うこととなりました。飛騨産業は(一社)日本家具産業振興会に所属しており、合法木材供給事業の認定を受けています。

合法木材について

木材の研究などを通して国産材活用に積極的に取り組んでいますが、それでも家具に使用する木材の約94%は外国産材です。くらしの中で使う家具を作ることが、森林破壊ではなく、未来の森への投資とつながるように、私たちは木を扱う企業として、常に森林や木材の生産について目をむける責務があると考えます。